びまん性脱毛症から回復する方法

びまん性脱毛症は体の中からもケアすることでより早く回復することができます。ここでは効果的な食品や栄養について紹介します。

びまん性脱毛症から回復する方法 > びまん性脱毛症に良い食品は?

びまん性脱毛症は体の中からもケアすることでより早く回復することができます。ここでは効果的な食品や栄養について紹介します。

びまん性脱毛症に必要な栄養は?

びまん性脱毛症は生活習慣の乱れなどから、ホルモンバランスが崩れて、抜け毛が増えたり髪のハリやコシがなくなってしまいます。

食事は髪に与える影響が大きいので栄養バランスが崩れると、当然この脱毛症の原因の一つになります。

では髪にいい栄養とは何なのかと紹介しますと、主に以下の3つの栄養素が必要です。


・タンパク質

・ビタミン

・亜鉛(ミネラル)



・タンパク質


髪の90%以上はケラチンというタンパク質から作られています。
タンパク質には動物性と植物性の2つがありますが理想は1:1でとることです。
なかなか難しいかもしれませんが、バランスよく取りましょう。
目安としては体重g分です。

50kgの人なら1日に50gですね。コンビニなどで売っているサラダチキンは20gくらいあるので毎日食べればタンパク質はとりやすいです。

ただし、毎日は飽きてしまうと思うのでプロテインを飲んでみるのもありです。

実際私は全く運動をしないのですが、プロテインをタンパク質補給で飲んでます。


・ビタミン

ビタミンは色々あるので1つ1つは省略しますが特にビタミンB群が髪には必要です。

B群といっているのは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンと全部で8種類があるからです。

ざっくり役割をいうと細胞の働きを活発にする役割を担っています。

細胞が活発になれば毛母細胞がよく働くのでその分髪の毛が作られます。

多く含む食品はマグロやカツオなどの赤身の魚やレバーなどに含まれていますが、毎日効率的に撮るのは難しいのでサプリメントで補うのがベストです。


・亜鉛

髪の毛の主成分となるケラチンを合成する際に必要になるのが亜鉛です。

これが不足すると元になる材料であるタンパク質を十分にとっていても生成がされません。



 

効率的にとるには?

髪に必要な栄養素を毎日食品だけで摂るのは現実的ではありません

仕事もあるので毎日自炊も厳しいでしょうし、また食品自体の栄養素が下がってきてしまっているという事実があります。

美味しさを追求した結果、栄養素については二の次になってしまってるんですね(´・ω・`)

そういった状況なので毎日バランスよくとるにはサプリメントが必須です。

びまん性脱毛症に一番効くのは「マイナチュレ」のサプリです。





これは女性に特化したサプリメントになっており、先に説明した髪を作るために必要な栄養素意外に、美肌・美容にも効く成分も満載なんです☆


マイナチュレサプリが美容に効く理由を見てみる>>  


 

コンビニて手軽に摂れるもの

コンビニで手軽に摂れる食品を紹介します。


それは納豆巻きです。


納豆巻きには髪にいい成分がたくさん含まれているんです。

まずは納豆

納豆にはタンパク質、亜鉛と髪に必要な栄養を含んでおり
さらには納豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれるのでホルモンバランスを整えてくれる効果もあります。

そして海苔には意外と思われるかもしれませんがタンパク質やビタミンCが含まれてるんです。

また酢飯には血行を促進する効果もあります!

まさに育毛のための食品です!

外出や出張の時など、栄養を摂れない時でも納豆巻きは食べるようにしましょう。


ただし、当然これだけでは必要な栄養素は補いきれませんし、食品の添加物なども気になります。

コンビニで何を買うか迷ったら納豆巻き!くらいにしておいて、日常的にはサプリメントを服用するのが一番です。

マイナチュレサプリで毎日の美髪、美肌習慣をつくる>>