びまん性脱毛症から回復する方法

夏に気をつけたい髪、頭皮のケア方法を紹介します。

びまん性脱毛症から回復する方法 > 夏は髪の紫外線ダメージも注意

夏に気をつけたい髪、頭皮のケア方法を紹介します。

​夏の紫外線は髪にどういう影響があるの?

夏は肌だけではなく、髪・頭皮の紫外線ケアをしっかりする必要があります。

まずは紫外線が髪・頭皮にどのような影響をあたえるのか説明します。

髪が紫外線を受けると、一番外側のキューティクルがダメージを受けます。

キューティクルは何層にもなっているものですが、人によって層の数はことなります。

毛が細い方は、キューティクルの数が少ない場合があります。

また髪自体には修復機能がありません。

どういうことかというと、髪が元に戻るには新しい毛が生えてくるのを待つか
トリートメントなどで補修するしかないということです。

そして細くなった頭だと、頭皮にも紫外線があたりやすくなってしまいます。

頭皮の紫外線ダメージは髪よりも深刻です。

頭皮や他の皮膚の箇所よりもデリケートなので、紫外線を浴びるとすぐに日焼け(炎症)を起こしてしまいます。

炎症が起きると、皮脂をうまくコントロールできなくなって皮脂が増えたり、フケが増えます。

また紫外線がより頭皮の奥の毛を作る細胞までいってしまうと、毛の成長サイクルが崩れてしまい
十分に毛が成長する前に抜けてしまいます。


頭は体の他の箇所と比べて2~3倍の紫外線を浴びています。

なのでよりしっかりと対策をしないといけないんです。

髪用の日焼け止めスプレーを使おう

最近は髪用の日焼け止めがでてますね。

私も使ってますが、外出時は必ず使うようにしましょう。

理想は髪専用のものですが、私は普通のスプレータイプのものだけを使ってしまってます。

髪専用も家にはおいていますが2つ持ち歩くのが面倒なので持ち歩く方は全身に使えるものもかばんにいれています。

髪に特化した日焼けはキューティクルを保護してくれたり、メラニンの流出を防いだりしてくれるので家に1本は置いておきたいです。

このスプレータイプの物と併用しているのが飲むタイプの日焼け止めです。

これは飲むだけで日焼け対策ができてしまうサプリメントです。

飲むタイプなので全身に作用します。

もちろん頭皮にも。

だいたい飲んでから30分後くらいから効果がでて2時間継続するものが多いです。

特に外出する時間が長くなりそうなときに飲んでます。

またこのタイプのものは全身に効いて便利なんですが、髪の毛にはその効果がいかないので
髪はスプレーをするか帽子をかぶるかで対処しています。